背中ニキビ 保湿

背中ニキビの保湿が必要な体質の人と保湿の重要性

ニキビ跡LP

背中ニキビで保湿が必要なタイプはこんな人

 

背中ニキビ,保湿

 

どのようなときに背中ニキビの保湿が必要なのか?

 

 

そのポイントとなるのがやはり“乾燥”です。
お肌が乾燥すると、毛穴が細くなり細くなった毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

 

 

皮脂が詰まった毛穴には“アクネ菌”が繁殖しやすくなり、ニキビになってしまいます。
20代からの世代では特に“保湿”によるニキビケアが必要になるケースが多くなります。

 

 

こんな肌なら“保湿”が必要です。

 

冬が近づくと背中ニキビが酷くなってくる

背中がザラザラする(白ニキビ)

出産後に肌質が乾燥肌になり粉をふくようになった

石鹸やボディーソープ後にかゆくなる

年齢を重ねてきたらお肌がカサカサしてきた

これらの症状はお肌が乾燥しているサインなので、
乾燥によって背中ニキビが出来ている可能性が高いと言えます。

 

保湿の際に重要なのが3つあります

 

乾燥による背中ニキビでは保湿が重要なのはお分かりかと思いますが、
それに加えて次の3点にも注意して保湿するようにしてください。

 

保湿力
浸透作用
お肌を常に清潔な状態に保つ

 

・乾燥肌がケア出来るレベルの保湿力の高いもの。

 

・背中の皮膚は顔に比べて5倍厚いと言われています。
保湿力に加えてしっかり奥まで浸透する力のあるものが必要です。

 

・お肌が汚れていてはいくら保湿しても意味がありません。お肌を清潔に保つ洗浄効果のあるもの。

 

これら3点に注目して背中ニキビの保湿ケアをしていくといいでしょう。

 

>>>業界No.1の保湿浸透力の「ジッテプラス」をこちらで詳しく解説しています。

 


page top